読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヴィオレッタ。

監督はエヴァ・イオネスコ。

f:id:hynm_sugiura:20140613125330j:plain
f:id:hynm_sugiura:20140613125346j:plain

監督の母親であるイリナ・イオネスコが1977年に出した写真集『鏡の神殿』で子供ながらにヌードモデルを務めた監督の実体験をもとに作られた映画。

日本で公開する際、児童ポルノを推奨しかねないということで上映映画館が決まらず困難だったらしいが、この映画をちゃんと見たらいかにその判断が稚拙だったかがわかる。

映画自体はフランス映画らしい映像美と叙情的なストーリーで構成されていて、ポルノ推奨とは程遠い。

むしろそこにおける両者の苦悩や成長にスポットが当たっている。

衣裳もカワイイのでぜひ。


この作品を上映したイメージフォーラムに敬意を込めて。