安らげる場所。

群馬県の小学校校長(56)が勤務先の女子トイレで女性教諭(20代)を盗撮したとして逮捕された事件。

女性教諭の後をつけ、女性教諭の入ったブースの隣のブースに侵入し個室を仕切っている壁の上に手を伸ばし、スマートフォンのカメラを使って盗撮したらしい。

いかんですねぇ。

異性に興味を持つのは当たり前。

でももう56歳ですよ。
しかも校長。

どういう神経してるんだろう。

地位や名誉や体裁よりも性欲が勝つ意味がわからない。

しかも恐らく突発的ではなく、日々の仕事の中で常にチャンスを狙ってたんだと思うと気持ち悪い。

その女性教諭はこれからトイレに行く度に恐怖感が伴うだろう。

トイレという場所はむしろホッとする安心感が得られる場所なのに。

彼女のこれからの人生の中から安らげる場所を奪った罪は重い。

また容疑者に家族がいたとしたら、彼らのやりきれない心情は一生消えないだろう。

そして何より、その小学校の生徒への裏切り行為。

もし学校で『スマートフォン持ち込み禁止!』を掲げていたら、なんの説得力も無い。

校長が持ってきとるやないかと。
しかも盗撮しとるやないかと。

色々な角度から見ても、この事件は非常に罪が重いのだ。



今回、せめてもの救いがあるとしたら、盗撮した相手が小学生じゃなかったことだ。