読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アクト・オブ・キリング。

監督はジョシュア・オッペンハイマー

f:id:hynm_sugiura:20140502172931j:plain

1960年代にインドネシアで実際に起こった100万人大虐殺の真相に迫るドキュメンタリー。

被害者目線でなく、今も生きている加害者に自らの過去の行為を演技・再現させ、それを監督が客観視するという手法が新しい。

驚くのはその加害者達が最初、なにも悪びれる様子なく、むしろ映画製作を楽しんでいるところだ。

人はおかしくなって人を殺すのか。
人を殺して人はおかしくなるのか。

そんなことを考えさせられる映画でした。

イメージフォーラムでやってます。