DARK BLOOD。

リヴァー・フェニックスの幻の遺作。

f:id:hynm_sugiura:20140429170640j:plain

スタンド・バイ・ミー、ジミー、マイ・プライベート・アイダホで虜になったリヴァー。

この撮影中、リヴァーが23歳の若さで他界したためお蔵入りとなっていたが、監督のジョルジュ・シュルツァーの強い信念で公開までこじつけた作品。

未撮影カットが多く、ナレーションでの説明が結構入るのでこれを映画と呼んでいいかは難しいが、とにかくリヴァーがかっこいい。

内容的には安部公房の『砂の女』の男版的な感じです。

いやぁそれにしてもリヴァーがかっこいい。