カリスマ。

衆議院予算委員会の緊張に包まれた場で、猪木議員が発した第一声は『元気ですかっ!』。

あきらかにアウェーな雰囲気でも期待を裏切らない猪木氏に感動した。

『元気があればなんでもできる!質問もできる!』

当たり前のようだけど、これって意外と深い。

何をしようにも元気がないと確かにできないから。

本当の意味で国を変えることができるのは、勉強しかしてきていない頭でっかちのエリートさんではなくこういうカリスマ性のある人なのだろう、と僕は思う。

しかしこの国では出る杭は打たれる運命。

結果誰も突出していない平均的な政治家が集まり、平均的な議論をし、平均的な答えを出しているだけの事。

これじゃあ政治に興味を持つ人は増えないだろう。

正直誰が首相になっても変わらないだろうと思ってしまうし、実際に変わってもいない。

そんな中での猪木氏の『元気ですか』は単なるパフォーマンスにとどまらず何か胸を打つものがあった。

それを本人が意図してるかどうかは別として。
(逆に意図せずそういう発言をするからカリスマなのかもしれないが)

平均的な委員長がそれを制止して、周りの平均的な政治家達がそれを鼻で笑った。

あなたたちにそれを鼻で笑う資格はない、とTVの前で鼻で笑う僕。

憤りも束の間、今日も繰り返しの毎日に抗う事なく過ごしている。

いつしか僕も平均的な人間になってしまったみたいだ。