けん玉。

どじょうすくい・ろうそく・世界一周・富士山・ガンマン・自由の女神・観覧車・・・

これらに一体何の共通点があるかわかりますか?

そう、これはすべて『けん玉』の技の名前なんです。

今、世界では『けん玉』が『KENDAMA』として空前の大ブーム。

f:id:hynm_sugiura:20140220100528j:plain

どうやら米国の若者が日本のけん玉を持ち帰って、ヒップホップ系の音楽に合わせて様々な技を披露する様子を動画サイトに投稿したのがきっかけのようだ。

ファッション性の高い遊びとして、首からぶら下げて歩くのがクールらしい。

f:id:hynm_sugiura:20140220100550j:plain

先日ハワイに行った時、ABCストアでも普通にKENDAMAが売っていてびっくりしたのを思い出した。

日本発祥のけん玉がこれだけ全世界に普及するのは良いことだが、なんか古来の遊び方やマインドと違う気がして素直に喜べないのは僕だけでしょうか。

『柔道』が『JUDO』として世界に普及し、今では『JUDO』に追い付くのに必死になっている状況とかぶる。

もしいまオリンピックの種目で『KENDAMA』があったら日本のメダルは危ういでしょう。

頑張ろう、けん玉!
頑張ろう、日本!