※CM上の演出です。

最近TVCMを見ていて思うことがある。

※CM上の演出です。

これ要りますかね。

なんかすごい興ざめするし、おそらく誰かがクレームを入れたことに対しての訂正文なんだと思うとよりやるせなくなる。

演出で少し誇張してるんだなぐらいわかるはずだし、そこを許容してあげないと企業はおもしろいCMなんて創れない。

作り手は変なところで自由度を狭められてかわいそうだ。

それとバラエティーなんかで食べ物を粗末にした時に出る、

※このあとスタッフがおいしく頂きました。

これにはもはや笑っちゃいます。

この文でクレームを入れた人が納得するのならそれはそれでよくわからないし、まずクレーム入れるのだけでも労力かかるだろうに、何の為にするのかもわからない。

そもそも見て不愉快なら見なければいいのに。

優しさなのか嫌がらせなのか、正義なのか悪なのか。その人はスペインのトマト投げ祭りを見てもクレームを入れるのか。

TVがおもしろくなくなったと言われている昨今、本当に求められるのはクイズ番組や真面目な教養番組だけでなく、僕たち見る側の質なのではないだろうか。

※この文は筆者の気まぐれで書いたものです。